ゲンボク【原木】ドットコム・HOME
ゲンボクドットコム・HOME > 原木が必要なお客様 > よくある質問 
原木が必要なお客様 立木を所有しているお客様 ゲンボクドットコムへのお問い合わせ
当サイトの運営主体について
原木情報検索 ご利用上の注意 よくある質問 使用機器について 守秘義務について

原木のよくある質問

●大径木はどうすれば入手出来るのでしょうか?

通常は製材会社の仕入担当者が原木市場に出向いて買い付けを行います。 しかし原木市場で通常上場されないほどの巨木になると立木所有者との直接交渉が必要です。また、竣工時の美しさを考慮に入れて材質を均一にするためには、同一の林地に植栽された立木を揃える必要があります。このような場合も立木を所有している山林所有者との直接交渉が必要となってきます。

原木を伐倒した後、搬出するためには搬出経路の確保が必要です。現実問題として、10メートルを超える長大材になると、地理的な制約のために搬出が出来ない場合が多くなります。


従来の入手方法
従来の入手方法

発注業者から出された見積依頼は、製材業者に来ます。そして製材業者が大径木を探すことになります。製材業者は口コミで超サイズ立木の所有者を探します。この過程は原木ブローカーと呼ばれる業者に委託する場合もあります。このように見積依頼が来てから立木を探すことになりますので発注者にとっていくつかの「デメリット」が生じます。


デメリット:

1:立木を探す手法が口コミであるために、大径木を探しているプロジェクトがあるということが木材業者間で話題になる。

2:立木情報は限られた地域・人間関係の範疇の情報であるために、全国的に探すためには発注者は全国的に見積依頼をする必要がある。→結果としてプロジェクトの存在が公知のものとなってしまう。

3:価格の硬直・・・ようやく探してきた限られた本数の立木が対象となるため、予算に合わせて木材の質(赤身の割合、節の多少、年輪の詰まり方など)を変更させることが困難(出来ない)になってしまう。


Genboku.com(ゲンボク【原木】ドットコム)を利用した入手方法
Genboku.com(ゲンボク【原木】ドットコム)を利用した入手方法

発注者からの見積依頼を受けた製材業者には、当社・Genboku.com(ゲンボク【原木】ドットコム)のデータベースを利用していただきます。(データベースは公開していますので、製材業者に限らず、どなたでも自由に検索参照していただけます。)探しているサイズの立木を見つけられた場合、当社:石谷林業株式会社にご連絡ください。材質や価格の面での検討をいたします。成約した場合ははず、所有者から立木の買取を石谷林業(株)が行い、原木の現物として販売・引渡しいたします。
この場合は【従来の入手方法】に比べて次のような「メリット」があります。



メリット:

1:Genboku.com(ゲンボク【原木】ドットコム)は、当社が、あらかじめ所有者の同意を得た上でデータベース化したものです。このデータベースに基づいて立木を探す過程で、プロジェクトの存在が公知のものとなる可能性は考えられません。

2:また、当社はGenboku.com(ゲンボク【原木】ドットコム)での取引について守秘義務を負います。(原木を必要としている方・守秘義務についてを参照)

プロジェクトの事前情報の秘匿を厳守いたしますので安心して見積依頼が出来ます。

3:全国的に立木の情報を集めていますので、候補原木が多くヒットします。数多い候補の中から必要とするサイズ、品質、価格のものを選ぶことが出来ますので、予算に対して柔軟に対応が出来ます。

上記の事に関して、また原木・立木に関するご質問は、当社までお問い合わせください。

このページのトップへ  


●価格はどの位のものなのでしょうか?

原木の太さ、色、節などの欠点、年輪の細かさなどに左右されるために一概には言えません。まして超サイズの原木となると所有者の言い値ですから・・・というのが通常の答えです。しかし、あえて大まかな流通相場をまとめました。
ただし、この価格は立木での買い付け価格であり、引渡しされる段階ではこの価格以外に、立木買付交渉経費、伐採搬出経費、運賃などが必要となります。

スギ立木一本(100年生以上に限る) ヒノキ立木一本(100年生以上に限る)
胸高直径70センチ 25〜80万円 胸高直径50センチ 15〜40万円
胸高直径80センチ 40〜180万円 胸高直径60センチ 20〜80万円
胸高直径90センチ 50〜260万円 胸高直径70センチ 30〜120万円
胸高直径100センチ 60〜300万円 胸高直径80センチ 45〜250万円
胸高直径110センチ 70〜330万円 胸高直径90センチ 70〜400万円
胸高直径120センチ 80〜380万円 胸高直径100センチ 80〜600万円
胸高直径130センチ 85〜400万円    
胸高直径140センチ 90〜420万円    

上記に関して、また原木・立木に関するご質問は、当社までお問い合わせください。

このページのトップへ  




●必要なサイズの角材をとるためにどんなサイズの原木が必要なのでしょうか?

Genboku.comデータベース(原木情報検索)で角材サイズを入力してください。
角材の各辺のサイズを入力することによりマッチするサイズの原木をリスト表示します。
データベースに登録されている立木は、私たちが一本ずつが現地調査によって評価したものです。

データ化するためには次のような計測を行っています。(使用計測器の詳細についてはこちら)



・レーザー計測器による樹高の計測と欠点箇所の記録


・幹の完満度評価

・曲がりの評価

・画像での記録




タテ・ヨコ・長さの情報と、必要とする製品(角材)がどの程度赤身を必要とするかという数値が分れば数学計算で、適合する原木サイズを算出できます。Genboku.comデータベース(原木情報検索)での検索結果は単純にそれぞれの立木の形状をモデル(クンツェ式)化したものに対して一次的なスクリーニングを行うというものです。現実的には、立木の曲がり具合や赤身の割合や欠点の出現箇所について細かく打ち合わせをする必要があります。

上記に関して、また原木・立木に関するご質問は、当社までお問い合わせください。


このページのトップへ  



●着工時期までに入手できるのでしょうか?

立木の伐採には時期があります。
また、伐採してそのまま林地で乾燥させる期間が必要です
これらは地域の気候によって異なります。
天然乾燥、人口乾燥、背割りの可否等を考慮に入れて着工時期に合わせたベストな方法を提案します。

上記の事に関して、また原木・立木に関するご質問は、当社までお問い合わせください。


このページのトップへ  



●誰に頼めばよいのでしょうか?

当社・Genboku.com(ゲンボクドットコム)にお任せください。

永年の業界での信用

Genboku.com(ゲンボクドットコム)は石谷林業株式会社の一事業部門です。(ビジネス特許申請済)
当社は当社は昭和23年に設立されて以来、永年にわたり木材流通の専門会社として木材供給のお手伝いをし、信用を培ってきました。


我々は原木買付のプロフェッショナルです。

石谷林業株式会社原木市場は他の原木市場と異なり、永年直営部門を運営してきました。つまり自社のリスクで優良な立木の買付を行い、自社の市場で販売をするという業務です。このために、立木の評価のプロフェッショナルが複数名います。また、買付けた立木については通常、自社の伐採搬出のプロチーム『山林部』で伐採搬出を行います。伐採については最適な時期に行い、一定期間林地での乾燥を行うなど、ノウハウを持っています。


原木だけでなく製品の取扱いも信頼できます。

近畿エリアにおいて製品(角材)の卸売りを行っております。北米産の大型材(例えば米マツ)の製材工場との取引があるために、一般的な製材所で製品化が難しいサイズの長大材についても製品化可能です。


上記の事に関して、また原木・立木に関するご質問は、当社までお問い合わせください。


このページのトップへ 





Copyright (c) 2007 Ishitani Forest Products Co., Ltd. All rights reserved. (ビジネスモデル特許申請済)